シンセ音源に音色を足してみよう:「SERUM」編

様々なメーカーからシンセ音源リリースされています。ファクトリープリセットから音色を選んだり、ゼロから音作りを行うことで多様なサウンドを得ることが可能ですが、各シンセ音源専用の「拡張プリセット」を導入することで、簡単に音色の種類を増やすことができます!当記事『シンセ音源に音色を足してみよう』では、トラックメイカーに人気のある代表的なソフト音源と、各音源に対応した「拡張プリセット」をご紹介いたします。

【人気シンセ音源その1「SERUM」】

Xfer Recordsによる、大人気のウェーブテーブル方式のソフトシンセサイザー音源です。インターフェイスは視覚的かつ直感的なワークフローを生み出すことに特化されており、一般的なシンセサイザーでは複雑になりがちな機能を手軽に調整可能です。2つのオシレータと、サブ・オシレータ、ノイズ・オシレータ、フィルター・モジュール、エフェクト・モジュール、LFOやエンベロープなどにより、ゼロから無数のサウンドを創り出すことはもちろん、プリセットを微調整するなどして新たなサウンドを得ることができます。
SONICWIREでは数多くのSERUM専用プリセットを収録したサンプルパック製品を取り扱っています。フューチャー系やダブステップ系に活用できる製品が特に人気です。 以下に、SONICWIREのSERUM専用プリセットを収録した人気製品上位1~5位をご紹介します。


SERUM専用プリセットランキング:1~5位


 

1位

10

『ONII-CHAN KAWAII SERUM PRESETS』
そのタイトル通りに、可愛いアッパー系サウンドを中心としたフューチャーベース向けSERUMプリセット集。ベース、コード、リード、FX、パッドなど、実践的に使えるSERUMプリセットを計60種類の他、WAVループ13種類、ワンショット20種類を収録。キュートさとは裏腹に超パワフルです。

 

2位

10

『KAWAII FUTURE BASS (RE-AMP)』
こちらもキュートでキャッチーなフューチャーベース向けサンプルパック。WAVループ素材の他、コード、リード、パッド、プラックなどのSERUM専用プリセット計20種類、SYLENTH 1専用プリセット10種類の他、約200種類のループ/ワンショット素材も収録されている充実の内容です。

 

3位

10

『LIMITLESS 2』
ゲーム会社“MDK”によるSERUMプリセット集。ベース、コード、ドラム、リード、プラック、シンセ、SFXといった、ファットでユニークなゲーム系サウンドに特化したSERUMプリセットの他、5種類のウェーブテーブル、MIDI等を収録。ダブステップ、EDM、エレクトロなどの制作で活躍します。

 

4位

10

『WB X MB – RIDDIM AND DUBSTEP DEVASTATION』
リディム & ダブステップ向けサンプルパック。アグレッシブなベース、ヘビーなドラム、パーカッション、力強いメロディ、アルペジオ、パッド、ホーンなどのループ、ワンショット素材、SERUMプリセット107種類を収録。ダブステップ、リディム、トラップなどのジャンルに最適です。

 

5位

10

『FUTURE BASS – SERUM PRESETS』
メロデアスな音色を中心に収めた、フューチャーベース向けSERUM専用プリセット集。すべての素材が90BPMでラベリングされており、コード、ベース、リードといった64種類のプリセットを収録。その他にもWAVループ/ワンショット、MIDIファイルも含まれています。

 


※SERUMへのプリセットの追加方法
1. 『SERUM』操作画面右上「MENU」より「Show Serum Presets Folder」を選択

2. [Serum Presets]のディレクトリを選択し、[Presets]フォルダに追加したいプリセットデータ[.fxpファイル]を配置


以上の製品は、SERUM専用プリセットを収録した、数あるサンプルパック製品ラインナップのごく一部です。これらの拡張音源を用いることで新音色の追加が簡単に行えます。すでにSERUMをお持ちの方も、ご自身に最適なシンセをお探しの方も、これを機にぜひともご参考になさってみてください!
 
SERUM専用プリセット一覧はこちら »