HEAVYOCITYより、売上がすべて寄付にあてられるホームメイド・ループライブラリ『#STAYHOME』登場。

HEAVYOCITY より、81個のループを収録したサンプルパック『#STAYHOME』が登場。新型コロナウイルスの影響が米国内で最も深刻なニューヨーク市にオフィスを構えるHEAVYOCITYチームのスタッフが、それぞれの自宅やスタジオでレコーディング/サウンドデザインを施し制作されました。『#STAYHOME』には、42個のPercussiveループと、39個のTonalループを収録。Percussive / Tonal それぞれKONTAKTインストゥルメントにまとめられており、オーディオサンプルはWAVファイルとして使用可能。Percussiveループには、REXファイルも用意されています。

『#STAYHOME』の価格は$10、売上はすべてコロナウイルスの影響を受けた人々を支援する慈善団体に寄付されます。主な寄付先はUNICEFARTIST RELIEFFOOD BANK of NYCです。
『#STAYHOME』の詳細はこちら »


Heavyocity Media社、共同創設者ニール・ゴールドバーグからのメッセージ

親愛なる皆様へ

現在世界中の方々が予期せぬ困難な状況に直面しておりますが、皆様とそのご家族の方々が無事であることを心より願っております。Heavyocity Media社のオフィスは、アメリカでコロナウイルスが最も深刻な状況であるニューヨーク市にあるため、私たちはこの数週間、自宅で仕事をしています。大変な状況下ではありますが、従業員や家族の安全を第一に、私たちは自分たちの愛する音楽の仕事を熱心に続けております。

Heavyocity Media社は引き続き製品を開発し、高品質なサウンドを皆様へご提供できるよう尽力しています。ユーザーの皆様、そして世界中のアーティスト、コンポーザー、プロデューサー、サウンドデザイナーの方々が、今後も変わらずに弊社の製品を音楽制作へお使いいただけるようお約束いたします。

コロナウイルスの影響を受けて、世界中の人々が経済的不安や恐怖を感じていることと思います…。私たちも日々不安を感じています。ただ最前線で働いている医療従事者の方々、また生活に苦しんでいる方々を思うと、言葉だけでは足りないと感じ、実際に医療物資の提供や、困難な生活を強いられている方々に寄付の支援をさせていただこうと思いました。この危機を乗り越えるために、ほんの少しでも支援の一端を担えることを願っています。

私たちはこの数週間、それぞれの自宅やスタジオでサウンドを作成、加工し、パーカッシブなループを収録したパックを開発しました。私たちはそれを「#StayHome」と名づけました。このパックの売り上げはすべて、コロナウイルスの影響を受けた人々を支援する慈善団体に寄付されます。主な寄付先はUNICEF、ARTIST RELIEF、FOOD BANK of NYCです。

みんなで力を合わせて、一緒に乗り越えて参りましょう。どうぞよろしくお願いいたします。


#STAYHOME
売上はすべて寄付にあてられる、ホームメイド・ループライブラリ

税込価格 ¥1,177

『#STAYHOME』の詳細はこちら »


SONICWIREでは本製品の売上全額をHeavyocity Media社へと送金いたします。

本製品は有償版のKontaktソフトウェアVer.6.2.2以上でのみ動作いたします。無償のKontakt Playerでは動作しませんのでご注意ください。

※表示価格は、2020年5月2日現在の価格です。
※ダウンロード価格は為替相場の変動により、定期的に変動いたします。