OUTPUTから、サウンドを粒子化して時間軸に沿ってインテリジェントに再合成する新作プラグイン・エフェクト『PORTAL』が登場!

OUTPUTから、サウンドを粒子化して時間軸に沿ってインテリジェントに再合成する新作プラグイン・エフェクト『PORTAL』が登場!

このプラグインでは、インプットされたサウンドを細分化したものをグレイン(粒)として捉え、ピッチやタイムストレッチ・パラメータと時間軸を掛け合わせて自在に操ります。2つのエフェクトラックも搭載。また、OUTPUTならではの“マクロ・スライダー”も“GRANULATION”、“SPACE”ノブとして搭載。この2つが円形のXYパッドの縦横軸になっているので、「1.オーディオトラックにPORTALをインサートする」→「2.PORTALでプリセットを読み込む」→「3.XYパッドを操作する」だけでも強烈な変化を簡単に生み出せます。

ただプリセットを切り替えて試聴しているだけでも、見た目にハイセンスな操作画面が次々に引き起こすサウンドの偶発的変化により、すぐに新たな楽曲のインスピレーションを得られるでしょう。

一見して狙った音を得にくいようにも見えますが処理には一貫性があるので、使い方/付き合い方次第で普通のエフェクトのように扱うこともできます。初めのうちは、リズムトラックでディレイの効果を楽しんだり、ただギタートラックやボーカルトラックに挿して遊んでみるのも良いでしょう。

製品ページから、さらなる詳細をご確認いただきつつ、ぜひ導入してみてください!

『PORTAL』のご購入はこちら »

※SONICWIREでは、操作画面上で表示できる英語ツールチップ/ヘルプの日本語版PDFをご用意しています。