不朽のホーンセクション音源『MOJO 2: HORN SECTION』v1.5 アップデータが公開されました。

VIR2社による、不朽のホーンセクション音源『MOJO 2: HORN SECTION』 v1.5 アップデータが公開されました!
すべてのユーザー様が対象となり、無償でアップデータを取得できます。

目玉となる新機能は“Auto Divisi”モード
“Auto Divisi”モードとは、演奏されるノート数に応じてセクションを自動的に分割する機能のことです!“Auto Divisi”モードがオフの状態だと、演奏されるノートが多いほどプレイヤーが増えていきます。
例えば、3人のプレイヤーが選択された状態でCメジャーコードの3音を弾いた場合、9人のプレイヤー(1ノートあたり3人のプレイヤー)で演奏しているように聞こえます。
“Auto Divisi”モードをオンにすると、3人のプレイヤーが3つのノートを自動的に振り分けて演奏し、3人編成のままの演奏が聞こえるようになります。
“Auto Divisi”モードを活用することで“ディビジ”がより簡単に再現でき、リアリティが増したパフォーマンスを可能にします!

その他にもノスタルジックな雰囲気を与えるノイズスライダーの追加や、細やかなユーザビリティの向上が図られています。
アップデートの詳細は製品ページ及び製品サポートページにてご確認ください。

『MOJO 2: HORN SECTION』の詳細はこちら »
『MOJO 2: HORN SECTION』のサポート情報ページはこちら »


アップデート内容(一部抜粋)

– よりリアルなアンサンブル演奏のための新しい“Auto Divisi”モードの追加
– コンピューターのメモリ負荷を軽減する169種類の新しいアーティキュレーションパッチ
– アーティキュレーションのスピードを変更するスピードノブ
– レガートモードの改善
– リリース・サンプル・クロスフェードの向上
– 各マイクポジションのミュート/ソロボタン
– キーノイズのオーバーレイを強制する新しいキースイッチ
– 新しいアーティキュレーション・カットオフモード
– サンプル開始位置を操作可能な“Attack Offset”
– Retro、Vintage 1、Vintage 2にノイズを付加するノイズスライダー
– 新しいアーティキュレーションMIDIセレクト