シンセ音源『SERUM』のv1.23b8が公開されました。新フィルター搭載、プリセットのブレンド、負荷軽減など嬉しい項目が満載です。

XferRecordsより、シンセ音源「SERUM」のv1.23b8が公開されました。アップデートによる追加・修正内容を抜粋してご紹介します。


SERUM v1.23b1~v1.23b8アップデート(抜粋)

– 新しいフィルターとフィルタータイプを追加

– 予備的なMPEサポート

– プリセットをランダムにブレンドして読みだす“Hybridize from Visible List”や、“Hybridize favoring selected Preset”

– ファクトリースキンとして、Lance Thackerayによる“Promethium(プロメチウム)”を追加

– プリセットブラウザの“CATEGORY”から任意のカテゴリ名を入力可能

– ユニゾンフェーズメモリートリガー(MemTrig=RANDとPHASEノブを最大にする)

– ノイズオシレータに“DIRECT OUT”スイッチを追加

– SERUM FXバージョンに“Audio In(オーディオ入力)”を追加

– “WT Pos”モジュレート時のCPU負荷を大幅に削減
– Retina/HiDPIサポート
– 「default.fxp」または「Default.fxp」でデフォルトプリセットを指定
– その他多数アップデート、いくつかのバグフィックス


最新版アップデータは、XferRecords社WEBサイトより取得します。XferRecords社WEBサイトへログインし、Your Accountページ内の“See Available Downloads”ボタンから最新アップデータをダウンロード/適用ください。
XferRecords社WEBサイトはこちら »

本国リリースノートの日本語版はこちら。
『SERUM』v1.23bリリースノート(SONICWIRE購入ユーザーのみ) »