革新的合成技術「IMS」を採用したシンセ音源『RAY BLASTER』の最新v2.5アップデータが公開されました。

『RAY BLASTER』をお持ちでない方はこちら(製品ご紹介ページ) »

革新的合成技術「IMS」を採用したシンセ音源『RAY BLASTER』の最新v2.5アップデータが公開されました。


アップデート情報(抜粋)

RayBlasterユーザー向けの無料メジャーアップデートです。刺激的な新機能、強化された音質、43の追加パッチ、操作画面のアップデートや、その他バグフィックス等が含まれています。

– ‘Edit->Create Random Patch’は無制限に複雑なサウンドを自動生成
– コードを拡張するための自動かつダイナミックなマイクロチューニング
– 43種類の追加パッチ
– 4種類の追加波形
– 音質の向上 – 6kHz以上で、より線形(リニア)な周波数レスポンス
– MIDIプログラムチェンジがパッチカテゴリを変更しないよう改善
– メニューが大きく読みやすく向上
– ユニゾンの設定を簡略化
– パッチの読み込み速度を向上
– 一部DAWでレコーディングのオートメーションとの互換性に問題があった点を修正
– VST版のキーボードを隠す操作がMac上でうまく動作しなかった問題を修正
他多数


アップデートの詳細は以下ページ【『RAY BLASTER』 v2.5 アップデータ公開】から取得いただけるPDFファイルをご参照ください。
TONE2社サポートページはこちら »