CD/DVDに替わる可能性を秘めた次世代メディア「ダウンロードカード」の祭典 「DOWNLOAD CARD SUMMIT 2019」イベントレビュー!

当ブログでも紹介しておりました「DOWNLOAD CARD SUMMIT 2019」が1/12(土)~1/19(土)の期間開催され、先日大盛況のうちに閉幕いたしました!

■1/19(土)ライブイベント2部の様子

「DOWNLOAD CARD SUMMIT 2019」とは、当社が運営する「SONOCA」とダイキサウンド社が運営する「エムカード」がタッグを組み、タワーレコード渋谷店を中心とした作品リリースやライブイベントを通してダウンロードカードの認知向上を促進するイベントです。

イベント期間中、タワーレコード渋谷店ではダウンロードカードが大きく売場展開され、多くのお客様にSONOCAを手にとって頂くことができました。

■タワーレコード渋谷店の特設売場(1F)

【SONOCAフォーマットのリリース作品一覧】
・HATSUNE MIKU FUTURE BASS COLLECTION/初音ミク(SCFM-0001)
・19BOX SONOCA LIMITED EDITION/亜咲花(SCFM-0002)
・Doppel/Misumi(SCFM-0003)
・未来茶屋 vol.0/未来茶レコード(MRC-10001)
・イケメン戦国 THE STAGE〜織田軍VS“海賊”毛利元就編〜/イケメンシリーズ(CYRC-0012)
※各アイテムの概要はこちら

最終日1/19(土)には、トークセッションイベントやアーティストによるライブパフォーマンスも実施され大盛況となりました。

サウンド&レコーディング・マガジン編集長の篠崎氏が司会を務めたトークセッション「中の人による作品紹介ミニコーナー」では、企画者による作品紹介がされ、当社は初音ミクのSONOCA作品について説明をさせて頂きました。

■「中の人による作品紹介ミニコーナー」の様子

また、タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」で開催されたスペシャルライブでは、1部にhy4_4yh、Heartbeat、SHOが、2部にはTORIENA、未来茶レコード勢が出演し会場をロックしました。今回SONOCAをご利用頂いた未来茶レコードは主宰のYunomi氏、YUC’e氏を中心にゲストを迎えたパフォーマンスとなりました。残念ながら出演を予定していたKOTONOHOUSE氏はインフルエンザ陽性につき欠席となりましたが、他の出演陣がリカバーするなど素敵なチームプレーで場を盛り上げ、Kawaii Future Bassを基軸とした最先端サウンドで現行音楽シーンを一歩リードするスペシャルなパフォーマンスを繰り広げてくれました。
※当日のタイムテーブルはこちら

■未来茶レコード(Yunomi)によるライブパフォーマンス

■未来茶レコード(YUC’e)によるライブパフォーマンス

■ライブイベント2部出演陣

写真:tatsuki nakata

無事に終演した「DOWNLOAD CARD SUMMIT 2019」ですが、これをきっかけにダウンロードカードに興味を持った方も多いかと思います!当社の「SONOCA」では、音源と画像を用意すれば24時間オンライン完結でオリジナルのダウンロードカードが作れます。自作曲のリリースほか様々なシーンで是非ご利用ください。

「DOWNLOAD CARD SUMMIT 2019」開催記念クーポン(10%OFF)
CA3DGLMDAQW69N58(有効期限:2019年4月30日)

 
ご注文はこちら »
 
(※オンラインメニューには無い特注仕様は現在法人のお客様に限り受注対応しております。お問い合わせフォームよりお問い合わせください)

■ライブイベント後のサイン会で見かけた様子