巨大ロボットや怪獣が登場するSF作品の劇伴にマッチしそうな、現代的オーケストラ音源「JAEGER – MODERN ESSENTIAL ORCHESTRA」をご紹介します!

いまSONICWIRE で人気の現代的オーケストラ音源「JAEGER – MODERN ESSENTIAL ORCHESTRA」をご紹介します!

 

公式デモソング↓を聴いて頂くと雰囲気が掴みやすいと思いますが、JAEGER はシネマティック系オーケストラ音源です。

 

シネマティック系オーケストラ音源と言うと、SPITFIRE AUDIO「ALBION ONE」やPROJECT SAM「ORCHESTRAL ESSENTIALS」あたりが代表格ですが、これらとJAEGER は楽器の収録形態が少々異なります。

シネマティック系オーケストラ音源は、ストリングスであれば1stヴァイオリンからコントラバスまでを、ブラスであればトランペットからチューバまでをアンサンブルしちゃう(=1つにまとめる)のが一般的です。これによって、昔ながらのオーケストレーションというモノを意識しなくても、映画チックで壮大なサウンドが鳴らせるようになっています。

が、JAEGER は、例えばVSL「VIENNA SPECIAL EDITION」のようなベーシックなオーケストラ音源に近い形態で収録されています。

JAEGER のライブラリは、1.ストリングス、2.ブラス、3.パーカッション、4.ボイス(透明感!)、5.サウンドデザイン系の計5カテゴリで構成されています。(ウッドウィンズ:木管の代わりにボイスを採用しているところがJAEGER のポイントかと思います。)

1.ストリングス↓

2.ブラス↓

3.パーカッション↓

4.ボイス↓

5.サウンドデザイン系↓

ドーンと派手でパワフルなオケではなく、透明感ある女性ボイスを主体にしたメロディアスでスマートなオケ用途でしたら、このJAEGER がピッタリだと思います。また現代的なオーケストラ音源らしく、良い感じのリバーブ感を含んでいますので、「ミキシング」というものを意識せず、作曲/編曲に集中できると思います!

 

JAEGER – MODERN ESSENTIAL ORCHESTRA
映画音楽をスマートに仕留める現代的オーケストラ音源。

税込価格¥65,588 (現地定価:USD 599.00)

http://sonicwire.com/product/A4882