「聴いているだけでも没頭できる」「ハイクオリティ・テクノが半日で作れてしまう」。 Ken Ishii氏よりサンプルパックのレビューをいただきました!

1年の大半を海外でのDJで過ごすという世界的テクノミュージシャン“Ken Ishii”氏より、Sample Magic「VINCE WATSON A JOURNEY INTO HOUSE」「SAMPLE MAGIC – SOMA RECORDS」サンプルパックのレビューをいただきました。

初期デトロイト・テクノのメロディアスかつエモーショナルな側面をもっとも体現しているのがこのスコットランド出身の Vince Watson だと思う。彼のリリースはずっとフォローして来ているが、このサンプルパックを聴いてみて、彼がトラックメイキングの手の内を全て明かしていることに驚かされた。ピアノ&ローズ・ループ、ストリングス&パッド・ループはまさに純度100%のVince Watson スタイル。聴いているだけでも没頭できる。


「VINCE WATSON A JOURNEY INTO HOUSE」 »

英スコットランドをベースにする Soma Records はテクノ・レーベルの名門中の名門であり、私自身昔から大ファンだ。常にトップを走っているレーベルだけあって、このサンプルパックにはベーシックなビートから現在のテクノシーンにおけるトレンディなサウンドまでがしっかりと網羅されている。特にベース・ループとシンセ・ループは即戦力として素晴らしい。ハイクオリティ・テクノが半日で作れてしまう(笑)。


「SAMPLE MAGIC – SOMA RECORDS」 »

「VINCE WATSON A JOURNEY INTO HOUSE」の詳細 »
「SAMPLE MAGIC – SOMA RECORDS」の詳細 »

Ken Ishii氏と言えば、『Flare』名義のアルバム「Leaps」ハイレゾ(48KHz/24bit)版がOTOTOYでリリースされたばかり。こちらも要チェックです!


Release


「Leaps」 by Flare

All Tracks Written & Produced by Ken Ishii [70 Drums]

『エレクトロニック・ミュージックの世界を自由に駆けめぐる、ケンイシイもう一つのストーリー。』

ケンイシイの作品には、Flareという名義のものがあることをご存じだろうか?Flareは19年前ケンイシイのデビュー後間もなく、曲の「長さ」「構成」「リズム」等ダンスミュージックとしてのテクノのフォーマットに収まらない、「自分の作りたいものを作りたいように作る」というコンセプトのもとに生まれた、ケンイシイ・クリエイティビティの源流、あるいは、ケンイシイから発するエレクトロニック・ミュージックの可能性とも言えるものである。本人曰く、“二年前、十数年ぶりにFlareとしてのアルバム『Dots』をリリースした。制作過程はとても楽しいもので、「あの感覚」が帰って来たような感じだった。リリース後すぐにまた今作の制作をスタートした。” と「自由なテクノ」のフィールドの楽しさを噛みしめながら制作しているのがうかがえる。
 一方Flare名義で作られた楽曲群は、テレビのニュースやバラエティ、ラジオ番組のBGM等、メディアで耳にする機会が非常に多い。また、映像作家からのオファーも後を絶たない。これは果たしていかなる理由なのか。
ケンイシイが自由に奏でるもう一つのストーリー。是非各々の感性で感じてみて欲しい。

脇を固める仲間のアーティスト達:
今回の作品『Leaps』には古くからの盟友たちが力を添えてくれている。アートワークは’95年『Jelly Tones』を始め、Ken Ishii / Flare のこれまでの数多くの作品を手がけている山下泰誕氏。ティーザー・ムービーは『Iceblink』『Awakening』『Organised Green』のPVや『愛・地球博』瀬戸日本館、東京都現代美術館で行われた『サイバーアーツジャパン展』でもコラボ―ションしているCGアーティストの森野和馬氏によるもの。
いずれもケンイシイを良く知るアーティスト達で、第一線で活躍し続ける彼らのセンスとスキルが、ケンイシイの表現する世界を鮮やかに色づけしている。

「Leaps」の試聴・購入はこちら »


Artist

Flare (a.k.a. Ken Ishii)

1994年、テクノアーティスト・ケンイシイの実験的な側面を打ち出すべくスタートしたプロジェクト。
過去にオリジナル・アルバムとして「Reference to Difference」「Grip」「Dots」のほか、リミックス・アルバム「Re-Grip」、セルフ・コンピレーション「Two Albums」などのリリースがある。
www.discogs.com/ja/artist/3486-Flare