XferRecordsより、シンセ音源「SERUM」のv1.10b1 betaが公開。PNG画像からウェーブテーブルを作成可能に。

XferRecordsより、シンセ音源「SERUM」のv1.10b1 betaが公開されました。アップデートによる追加・修正内容は以下の通りです。

  • ウェーブテーブルへのPNG画像読み込みに対応(2048x256pxのみ)
  • モジュレーションホイールを制御するパラメータをPREFERENCESに追加
  • その他バグフィックスなど

最新版アップデータは、XferRecords社WEBサイトより取得します。XferRecords社WEBサイトへログインし、Your Accountページ内の“See Available Downloads”ボタンからアップデータ一覧を開き、最新アップデータを取得ください。
XferRecords社WEBサイトはこちら »

今回のアップデートにより、オリジナルの画像(png形式/2048x256px)を読み込んで、簡単にウェーブテールを構築することができるようになりました。輝度から構築するようになっているので「白黒」だけの画像でもOKですし、写真を切り抜いて読み込んでみるのも面白いかもしれません。画像ファイルは、ウェーブテーブルが表示されている部分にドラッグ&ドロップいただくことで読み込めます。

画像を読み込んだとき、ウェーブテーブル・ポジションの1番目のフレームがフラットなままになっていることがあります。この場合、WTエディターを開き2番目のフレームをコピーし、1番目にペーストしてあげることでうまく発音されるようになります。

また、今回のテストに使用した画像の一部は以下より取得いただけるよう公開しております。
ウェーブテーブル用テスト画像 »