[その他の情報]激レア民族楽器VST、Soundbytes「HurdyGurdy」紹介

hurdygurdy.jpg

今から約6年ほど前、bestservice社から発売された「EARLY PATCHES」。Soundbytesという小さなプロダクションが手がけたこの作品は、それはそれはレアな古楽器/民族楽器を丁寧にマルチサンプル化したライブラリで、静かな人気を集めました。

その後、制作元のSoundbytesからの連絡は無かったのですが、たまたま今日の朝、海外のニュースサイトを見ていると、SoundbytesがVST「HurdyGurdy」をリリースしたとの情報が(画像)!! しかも、ハーディガーディという”手回し擦弦楽器”の専門ライブラリを作ったとの事。こりゃまたレアな楽器を大々的にとりあげたものだと、変わりの無いSoundbytesの姿勢に、少し嬉しい気持ちになりました。

GUIで見る限り、こだわったパラメーターが並んでいて、「本格的に作った」ことが見て取れます。という訳で、昼休みに、Windows機に入れて試してみた所・・・

「凄い! リアルに臨場感と癖が再現されてる! これは誰かに伝えたい!!(でなきゃ、一番先にスルーされてそうなマニアックVSTだし)」という気持ちになり、そのままブログ掲載となりました。

現在、取り扱い予定などは無く、単にオススメVST紹介となりますが、機能縮小版のFREEのLEバージョンも有るので、気になった方は是非ダウンロードして使ってみてください。

下記のような方に特にオススメです(※Windows専用)
・「EARLY PATCHES」を持ってる。
・古楽器/民族楽器が好き。
・アンビエント/ドローン系の楽曲を作ることが有る。
・良さそうなVSTはとにかく試してしまう癖が有る。

【参考リンク】

「HurdyGurdy」紹介サイト(日本語)※HurdyGurdyを専門に紹介するサイト。素晴らしいです。
「EARLY PATCHES」特設サイト
※民族楽器のプレビューサウンドや画像があって便利です。