[新作情報]bestservice『House Definition』

house_definition.jpg

VENGEANCEの大ヒット以降、その単発音重視のスタイルを、上手く取り入れたサウンド・ライブラリが続々とリリースされていますが、今回ご紹介する『House Definition』も、そんなライブラリの一つと呼べるでしょう。

まずは、デモソングをお聴き下さい。
・『House Definition』デモソング(mp3)

名前のとおり、ハウス・ミュージック全般にフォーカスを当てた本作。例によって、大量のドラム/シンセ単発音が収録されている他に、ラテン/ディスコ/エレクトロなどのカテゴリーに分かれたループサウンドが入っているのですが、その区別に関わらず、サウンド全体から、突き抜けたアッパーさと、明るさに満ちた”メジャー系ハウス”の香りがします。

内容的に特筆すべき点は、アッパーでブリブリのSAWサウンドや、レイブ寄りのギラギラしたシンセ・サウンド、いかにもな綺麗系ハウス・ピアノ、アゲアゲ感を演出するアラームに似たシンセトーンなど、リスナーに「どこかで聴いた」と思わせる定番サウンド〜あんな音こんな音〜が大量単発ショットとして収録されている点。(コレはデモソングでも確認できます)

もう一つは、他のハウスライブラリに比べて粘っこいブレイクビーツ風のループが多数収録されている点。←これがまたエグイグルーブ感を演出してくれます。

さて、これらを組み合わせると、プログレッシブ・ハウスなどのカッコ良さと、親しみ易い”チョット下世話な”ダンスミュージックの魅力が渾然一体となった、アッパーなハウスが出来上がりです。(何か、非常に日本人受けしそうな予感がするのは私だけでしょうか?)

また、VENGEANCEや、他のトランス〜ハウスライブラリに「ギラギラ感」や「超定番サウンド」を足したいとき、これほど最適なライブラリも無いでしょう。※本タイトルは今週末リリース予定です。

【追記】
※10月13日(金)リリース致しました。