多彩なパラメータを搭載するモンスター級のシンセ音源『SYNTHMASTER』の、最新v2.8.9アップデータ公開。

多彩なパラメータを搭載し、プリセットを読み込むだけでも次々にパワフルなサウンドを再生できるKV331 AUDIO社のシンセ音源『SYNTHMASTER』の、最新v2.8.9アップデータが公開されました。アップデート内容は以下の通りです。


  • リサイズ可能なUI:KV331のデフォルトスキンはすべて、100%、120%、140%、160%表示に対応しました。また、ユーザーのスクリーンサイズを検出して自動で正しいサイズで表示します。
  • Retinaスクリーン:macOSにおいて、100%と120%のサイズでより明瞭な表示に対応。
  • アンドゥ/リドゥ:パラメータの変更が保存され、アンドゥ/リドゥを無制限に行えるようになりました。
  • 新しいファクトリー・プリセット:Vandalism Soundによる70種類のファクトリー・プリセットを収録しました。
  • FXタブが再設計されました:レイヤー1、レイヤー2、FXバス1、FXバス2において、エフェクトが正しい順序で表示されるようになりました。
  • Windowsのキーボード・ハンドラを追加。
  • マイナーなUIの問題を修正。
  • アルペジエイターにMIDIファイルをインポートすると、ノートがクオンタイズされます。
  • リバーブ・アルゴリズム内のエイリアシングを修正しました。

製品のユーザー様は下記ダウンロード・ページから、最新のフルインストーラをダウンロードし、上書きインストールを実行ください。
アップデータのダウンロードページはこちら(KV331社サイト/英語) »
SYNTHMASTERの詳細はこちら »