EXPONENTIAL AUDIO「R4」:海外の著名なエンジニア、プロデューサーからのコメント(和訳)をご紹介します!

音質ならびに操作性の良さと動作の軽さに定評があり、グラミー賞を受賞したアルバムや数多くの世界的な映画にも使用されているリバーブ・プラグインを開発しているEXPONENTIAL AUDIO 社の本国サイトには、著名なエンジニア、プロデューサーからのコメントが数多く掲載されています。

今回はその中から、クラシックな響きと高機能を兼ね備えたリバーブ・プラグイン「R4」のコメント(和訳)をご紹介したいと思います!


「R4」はExponential Audio社のもうひとつの印象的なリバーブ・プラグインです。「R4」は私にとって頼れる定番のホール・リバーブの1つになっています。Exponential Audio社の他の製品と同様に、「R4」を使えばあなたが今までに何度も聞いたことのある最もユニークなリバーブを作るための無限の可能性を提供します。フリーズ機能は本当に天才です。

Greg Wurth、グラミー賞ノミネート・エンジニア/プロデューサー


私のプラグインフォルダには「R4」のようなリバーブ・プラグインはありません。「R4」の音質は卓越しています。リバーブテールのクオリティーはとにかく完璧で、そしてフリーズ機能、ワープオプション、ゲーティング、そしてモジュレーションなどの大胆でクリエイティブな機能もすべて備わっています。この近代的な時代において、クラシカルなサウンドを鳴らすことができます。私たちみんなが好きになった往年のアルゴリズミック・リバーブを完全に踏襲していて、過去に私たちができなかったことを今実現できるようにしてくれています。こういったことは、本当に才能と経験が豊富な開発者でなくては成し得ない、時間の経過とともに洗練されてきた製品なのです。

Jack Ruston、プロデューサー/エンジニア(Judas Priest, McBusted)


「R4」を使ってみてスグに驚いたことは、「Nimbus」と同様のレイアウトとコントロールで、その見た目も操作性も他のExponential Audio社のリバーブ・プラグイン製品と密に統合されていたことです。エキストラのコーラス・モジュレーションも気に入っていますし、私も大好きな80年代のデジタル・リバーブに対して徹底的に敬意を表しているところもお気に入りです。全てにわたって仕事が素晴らしく、確実に多くのボーカルやドラムのサウンドにその道を見つけるでしょう。

Richard Furch、グラミー賞受賞ミキサー


今日たくさんのリバーブ・プラグインが市場に出回っていますが、特定のソースに適したリバーブ・プラグインを探すのには時間がかかります。しかしその中で「R4」は使いやすいGUIとプリセットブラウザ、そしてノブを回すだけでどんなサウンドにもコントロールできるので、どのリバーブ・プラグインを選ぶか、それはとてもシンプルに決めることができます。更にフリーズ機能が追加されたことにより、サウンドデザインの可能性は無限に広がっています。

Tom Marks、C.A.S.