あの“BT”が手掛けた、劇伴必携シンセサイザー音源『BT PHOBOS』登場。4/27までの期間限定で発売記念22%OFF。

Spitfire Audioより、コンポーザー/アーティストの“BT”が手掛けた、4つのサウンド・ソースと、3つのコンボルバー(インパルス・レスポンス)から成るシンセサイザー音源『BT Phobos』が登場。

著名なコンポーザーであり、そしてエレクトロニック・ミュージックの先駆者でもあるBT (「The Fast and The Furious」、「Monster」、「Lara Croft: Tomb Raider」などの映画音楽を制作) とSpitfire社がタッグを組んで開発を行い、シンセ・ウィザードの異名をとる彼の素晴らしい才能をパッケージ。20GBを超えるライブラリをコンボリューション合成エンジンに組み込み、音色や音階、倍音のインパルス・レスポンスを造形し、フィルターやリズム、パルスによる処理を加えることができます。

クラブミュージックなどのシンセの活躍するカテゴリではもちろん、加えて、壮大な楽曲の構築、劇伴をはじめとするシネマティック系の制作にもマッチします。

発売を記念して、2017年4月27日(木)まで20%OFF。この機会をお見逃しなく。
『BT PHOBOS』の詳細はこちら »