VSL社より、ホスティング・ツール「VIENNA ENSEMBMLE PRO 6」のv6.0.15843 アップデータが公開されました。

VSL社より、ホスティング・ツール「VIENNA ENSEMBMLE PRO 6」のv6.0.15843 アップデータが公開されました。アップデート内容は以下の通りです。

 

  • MOTU DP/MAS: テンポが正しく送られない不具合を改善
  • MOTU DP/MAS: 遅延補正が機能しないことがある不具合を改善
  • Ableton Live: VE PRO プラグインに表示されているレイテンシー値が正常にアップデートされないことがある不具合を改善
  • VE PRO Server 上でDecouple(デカップル)のステータスが見えないことがある不具合を改善
  • VE PRO Server 上で無効化(Disable)されたトラックを、場合によっては裏で処理するよう改善
  • マウスホイール操作の挙動を改善(スライダー、スクロール)
  • MIR にフォーカスしている際、キーボード・イベントを受け付けなくなることがある不具合を改善
  • チャンネル・コンフィギュレーションをコンバートしても、ステータスバー(画面右下)のラベルがアップデートされない不具合を改善
  • パーセンテージ単位のテキストボックスの挙動を改善
  • フォルダ・チャンネルのミュート/ソロ操作の挙動を改善
  • マージプロジェクトの挙動を改善
  • スペースバーがトランスポートではなく、GUI上のボタン/チェックボックスにトリガーされることがある不具合を改善
  • VE PRO Server とのコネクト中にクラッシュする可能性を修正
  • 小チャンネルをクリックした際、親となるフォルダチャンネルの挙動を改善
  • Windows で「Convert to VI Pro」機能が正常に動作しないことがある可能性を改善
  • ホストがCubase またはNuendo の場合は、VE PRO プラグインのプリファレンスに「Raise On ViPro Control」を追加
  • エディットボックスへの数値入力の挙動を改善
  • ドラッグ操作で複数チャンネルのソロ/ミュートを切替可能

 

ユーザー様は、「VIENNA ENSEMBMLE PRO 6」の自動アップデート機能またはVSL ユーザーアカウント(要ログイン)にある新しいインストーラーより、このバージョンにアップデート頂けます。