ホスティング・ツール「VIENNA ENSEMBLE PRO 6」機能紹介:Automation Mapping

ホスティング・ツール「VIENNA ENSEMBLE PRO 6」では、Automation Mapping 機能によってプラグイン・オートメーションまたはMIDI CCと、ソフト音源やエフェクト・プラグインのパラメーターを紐付けることができます。

ソフト音源ではMIDI CCに対応していないパラメーターや、時間軸に沿ってエフェクト・プラグインのかかり具合/効果ををコントロールしたい場合は、この機能を使用します。

 

Automation Mapping 機能の出し方↓

 

SELECT SOURCE 欄で受けるパラメーターを選び↓

 

SELECT DESTINATION 欄でコントロールしたいパラメーターを選びます。(GLADIATOR 2の例)

 

※VEP6のバージョン6.0.15567でご紹介しています。
※アップデートにより予告なく仕様が変更する可能性があります。