ホスティング・ツール「VIENNA ENSEMBLE PRO 6」機能紹介:Preserve

preserve

旧バージョンからそのまま引き継がれた機能ですが、「VIENNA ENSEMBLE PRO 6」プラグイン上のロックアイコンで「Preserve」(プリサーブ)機能をONにすると、DAWを終了してもインスタンスが残り続けます。またプリサーブ機能をONにすると、インスタンスに名前を付けることができるようになります。

この機能は、

  • 同じ楽器編成のプロジェクトファイルを切り替える際
  • DAW のクラッシュへの備え(復旧が速くなります)
  • VEP6 を音源ラックのように使いたい

等に便利です。

例えば、グリーン=プリサーブOFF、パープル=プリサーブONにするとこんな感じで動作します。

なおON/OFF はVienna Ensemble Pro Server 上のタブの右クリックメニューからも切り替えることができます。

preserve2

 

※VEP6のバージョン6.0.15567でご紹介しています。
※アップデートにより予告なく仕様が変更する可能性があります。