英国COMPUTER MUSIC誌で、OUTPUT社エフェクトプラグイン「MOVEMENT」がアワードをダブル受賞!

英国COMPUTER MUSIC誌10月号にて、サウンドに動きを加えるエフェクトプラグインOUTPUT社『MOVEMENT』が10点満点中 9点を獲得し、PERFORMANCE AWARDとINNOVATION AWARDをダブル受賞いたしましたので、そのレビュー(和訳)をご紹介します!


COMPUTER MUSIC OCTOBER 2016(ISSUE234)
評価点:9/10

Kontaktフォーマットを用いたソフトウェア開発者として名をあげた“Output社”。パルスエンジンを搭載した『SIGNAL』、リバース特化型ツール『REV』、ボーカル音源『EXHALE』。そして今回リリースされた『MOVEMENT』は、Output社初のVST/AU/AAX対応のエフェクト・プラグインです。

マルチ・エフェクト・プラグインならではの基本機能(ディレイ、ディストーション、フィルター、EQ、コンプレッサー、リバーブ)を搭載したうえ、『MOVEMENT』ではプロセスに新たな変化を加えています。Xfer Recordsの『LFOtool』や、Dmitry Schesの『Tantra』のように、パラメーターをリズミカルにモジュレートする(変化させる)ことが可能できるのです。『MOVEMENT』には独立した2つのエフェクト・エンジンを搭載。各エンジンには、4つのFXスロットが用意されており、6種類のFXを好きな順番でアサインできます。ここまでは、おそらくごく普通のエフェクト・プラグインのような気がしますね。しかしここからが『MOVEMENT』の面白いところです。

各エンジンには2つのモジュレーターがついています。そのモジュレーターは“Rhythm”と呼びます。Rhythmに「ステップシーケンサー」、あるいは「LFO」、「サイドチェイン」を設定し、紐付けたFXのパラメーターを変化、またはパンやボリュームを変化させることができます。また、パラメーターは、XYパッドから手動でまとめて変化させることもできます。

自分のリズムを選ぶ
LFOには、12種類の波形が用意されており、シンプルな三角波や正弦波から複雑な波形、ランダムに切り換える機能も搭載。LFOのスピードは常にDAWのテンポに同期し、レートは8 小節~64 分音符までの間で設定できます。Triplet(三連符)やDotted(付点)オプションもあります。

波形のシェイプは“start phase”(再生開始位置)ノブから調整できます。他にもChaos ノブをひねれば、波形のシェイプをランダムに変化させられます。『MOVEMENT』にはFlux(フラックス)というおもしろいスイッチがついていて、これをONして、同エンジン内にあるRhythmのレートを、一方のRhythmのレートに沿って速くしたり遅くしたりと調整することが可能になります。

ステップ・シーケンサーには1~32のステップがあり、異なるエンベロープの特徴を持った4つのステップシェイプ(三角波/矩形波/ノコギリ波/ダブル・ソー)を選択できます。リバース・ソーのシェイプはありませんが(アタックの入りが遅いことや、極端なリリースなどがないので)使い勝手が良いと思います。patternボタンをクリックすれば、各カテゴリごとに12種類のシーケンス・パターンが用意されており、Swingノブでリズムを変化させたり、先ほどもLFOで説明した通り、レートはFlux機能でコントロールすることができます。

サイドチェインでは、あらゆる外部オーディオからサイドチェイン入力できます。エンベロープをモジュレーション・ソースとして使用でき、アサインしたパラメータを調整できます。サイドチェインは、ゲイン、アタック、リリースオプションで調整でき、オフセットからディレイ(遅れ)/タイミングを微調整できます。

実に感動的
めまぐるしいリズカルな変化と、無限とも言えるモジュレーションの選択肢に、『MOVEMENT』を操作している最中何が起こっているか、理解に悩むことがあるかもしれません。
しかし幸いなことに、『MOVEMENT』にはすぐに使える秀逸なプリセットが豊富に収録されています。そして、一度全ての機能に慣れてしまえば、この上ないほどクリエイティブな『MOVEMENT』の潜在能力を目の当たりにするでしょう。これは本当に直感的で、一度理解してしまえばとても使い易いエフェクト・プラグインです。

初回の結果が上々でも、失敗に終わっても、生み出されるサウンドのオリジナリティと近代性に感動を覚えることは間違いないでしょう。

総合評価:発明的と言えるソフトウェア。徹底的なリズムアングルで、MOVEMENTはサウンドを新しく、鮮明に、そして活き活きとさせます。
プラスポイント:直感的なレイアウト。Flux機能、クロスモジュレーション、X/Yパッドなどを搭載した発明的で近代的なエフェクト。
マイナスポイント:オーソドックスなエフェクトを探しているユーザーには向いていません。


MOVEMENT

税込価格 ¥16,372 (現地定価:USD 149.00)※2016年9月20日(火)時点
MOVEMENTの詳細・ご購入はこちら »