「巡音ルカV4X」紹介 第8回 発売までのタスク/スケジュールに関して

本日で3/19のリリースまで1ヶ月を切った「巡音ルカV4X」ですが、下記の項目について準備中となっておりますことご報告させて頂きます。

LUKAV4X

・巡音ルカV4Xデモソングについて
日本語/英語共にデモソング追加を準備中です。日本語に関しては来週以降順次発表します。デモの内容としては、プレーンは性能を測るためのものと、歌声の中でクロスシンセシスとVoice Color/Releaseを複合的に使った場合のデモンストレーションなどを予定しております。また、デモソング動画だけでは伝わらない部分は、記事/解説動画などで補完できるよう準備を行っております。

・巡音ルカV4Xデモ版について
デモ版につきましてはYAMAHA様と最終調整中となっており、3月上旬に2つの日本語HARD DB(Voice Colorあり/なし)をダウンロードにてご提供させて戴く予定です。試用期間中は、巡音ルカV4XのE.V.E.C.を含む機能をご使用頂けることは勿論、PiaproStudio Ver2にて、お手持ちの初音ミクV3、KAITO V3、MEIKO V3などのV3製品でのクロスシンセシスや、ピッチグラフィック/ピッチスナップ機能もご利用いただけます。また、これに合わせてPiaproStudio Ver2.0にて(他社製含む)V3製品操作時のメリットを解説するページも準備しております。

・PiaproStudioのアップデートについて
近日、Yosemite対応を行う他、操作性の向上のためのアップデートを準備しております。巡音ルカV4X以降、より一層高まるであろうニーズに向けてより良いソフトウェアになるよう改善を進めていく所存です。

・製品開発のためのアンケートについて
今後、リンレンをはじめとしたデータベースを制作するにあたって皆さまよりご意見をお伺いする各種アンケートを準備中です。巡音ルカV4Xでは様々な試行錯誤/実験を行い、データベースの新しいカタチを模索しましたが、何分、常に手探り状態であったため、最終形の説明がギリギリまでで出来ませんでした。我々は、この反省を活かして、以降は可能な範囲において、ユーザーやファンの皆さまのご意見ご要望と向き合いながらデータベースの制作を進められればと考えております。

以上、引き続き巡音ルカV4Xを、ご紹介させて頂きますので、よろしくお願い致します。

 

巡音ルカV4X企画制作担当:佐々木 渉(wat)